一括払いでのショッピング枠返済

HOME » 返済方法 » 一括払いでのショッピング枠返済

一括払いでのショッピング枠返済

現金化したショッピング枠の返済方法ですが、一般的なのは一括払いです。
これは対象期間に利用したショッピング機能の金額を、すべて一度に返済する方法となります。
一括払いする金額に上限はありません。
たとえば期間中、合計100万円の利用があれば、返済日には一括で100万円を返済することになります。
クレジットカードのショッピング枠の返済方法としては、これが一般的です。
ですから特に意識しなければ、現金化したその利用分の返済は、一括で行うことも多いでしょう。

現金化したことで、それはまるでキャッシング機能を使ったかのように思えるかもしれませんが、これはあくまでショッピング枠の利用になります。
それを個人的な工夫や業者の利用により、現金として手に入れたという利用にはなっていますが、利用したそのカードのサービスとしては、いつも通りのショッピング機能の利用となります。
そのため返済方法もショッピング機能での返済方法が適用されますから、特に意識しなければ、この一括払いとなることが多いでしょう。

現金化利用者としても、ここはしっかり理解しておきたいポイントです。
近頃はリボ払いなども増えており、利用した金額を一括で返さないといけない機会は、それほど多くありません。
しかし基本的に一括払いとなるクレジットカードのショッピング枠を現金化すると、その利用は一括払いとなります。
これは利用額が高額なときでも同じです。
先にご紹介した通り、それこそ100万円分の枠を一度に使い、その多くを現金化したとき、まもなくカード会社までその100万円を一括払いで返済しないといけないわけです。

このときの返済方法は、そのカードの支払いに指定している口座からの引き落としになります。
返済日にこの口座に使用額の合計を上回る残高がないと、返済不備として扱われます。
そうならないように、現金化したショッピング枠の利用金額を一括払いで返済するときは、返済日までに口座へお金を入れておきましょう。
クレジットカードのショッピング枠の返済方法としてはこの方法が基本になるため、よく確認しておいてください。