リボ払いでのショッピング枠の返済

HOME » 返済方法 » リボ払いでのショッピング枠の返済

リボ払いでのショッピング枠の返済

お金を借りたとき、その返済をリボ払いで行う例は最近増えていますよね。
ショッピング枠の現金化をしたあと、この方法で返済することはできるでしょうか?
これは可能です。
返済に回せるお金がないときなど、積極的に考えたい方法になりますね。

最近よく聞くリボ払いとは何かというと、要は分割払いのことです。
利用した金額を一括で返せないときなど、リボ払いに変更することで、少しずつ利用額を返済していけます。
返済を一度にするのが苦しい方に向いている返済方法となりますね。

このリボ払いの特徴は、最低返済額が決まっており、最低でもその金額を毎月返せればOKとなること。
この金額以上の返済をしてもいいですし、最低返済額だけの返済でもOKです。
どちらでも構わないのですが、最低返済額は必ず毎月返す必要があります。
この点だけ注意の上で、その返済ペースや金額を自分である程度自由に決められるのが、このリボ払いなのです。

キャッシングやカードローン、クレジットカードなど、よくあるローン商品の利用分を分割で返したいとき、最近ではこのリボ払いが主流となっています。
そのクレジットカードで分割払いができ、その方法がリボ払いとなっていれば、返済方法をそれに設定することで、現金化のために使った金額もゆっくりと返済していけます。

この方法を希望するときは、必ず自分で返済方法を確認し、場合によっては変更の手続きを取ることが大事です。
クレジットカードのショッピング枠の利用分は、一括での返済を基本とするカードが多く、初期設定が一括になっていることも少なくありません。
もしリボ払いのような分割を希望するときは、自分で返済方法を変更する必要があるのです。

最近はリボ払いのような分割返済のオプションを用意しているカードも多いため、これは手続き1つでできることも多いですが、できればこの点は事前に確認しておくことが大事です。
もしそのカードが一括払いのみとなっていた場合、ショッピング枠の利用分を分割にすることはできず、現金化のために使った利用分も、まもなく一括で返済する必要があります。
そのときになって困らないよう、なるべくあらかじめリボ払いのオプションがあるか確認し、できるときはそれに設定しておくと、ゆっくりと返済ができます。