ショッピング枠返済の注意点

HOME » 返済方法 » ショッピング枠返済の注意点

ショッピング枠返済の注意点

換金のために使ったショッピング枠の返済方法として、知っておきたい注意点は、実際に手にした現金の金額を返済するのではなく、換金のために使用した金額を返済すること。
使用感で返済を行うと、実際に手にした金額の方で行いがちです。
それだと返済に失敗しますから、これは知っておきたい注意点になるでしょう。

どういうことかというと、これはショッピング枠を換金するときの仕組みや流れを見ると、よくわかります。
利用者はカードの使用金額をピッタリ換金できるわけではありません。
たとえば業者で20万円分使うと、20万円以下のお金しか戻ってきません。
この例の場合、だいたいは16万円ほどになることが多いですね。
業者の換金率や手数料によっては、16万円以下になることもあるでしょう。

このとき、実際に手にしたのは20万円以下のお金になるわけですから、返済金額も20万円以下だけだと感じられがちなのです。
しかしこれはショッピング枠の現金化を利用したあとの返済方法としては、失敗例になります。
なぜかというと、実際に手にする金額は、換金にかかった手数料などが抜かれたあとの金額だからです。

たとえば先の例のように、20万円を使って16万円の現金化に成功した場合、必要な返済額は20万円です。
自分が手にしたお金は16万円ですが、これはカードで20万円使ったから、換金手数料を抜いても16万円分のお金が残ったのだと理解してください。
実際に使ったカードの使用金額は20万円になるため、返済に必要なお金は20万円となります。
このように返済するときは、換金後に実際に手にした金額ではなく、その換金のために使ったカードの使用額の方に注目してください。
それで正しい返済額を把握できます。

当たり前のようですが、実際に手にした金額の方が借入額だと感じられ、その金額で返済額を計算しがちですから、ショッピング枠現金化を使ったあとは、この注意点をよく確認してください。
換金時、いくらカードを使ったのかわからなくなったら、カード会社の明細でいくら使ったのか確認すると確実です。