ショッピング枠現金化の注意点

HOME » 返済方法 » ショッピング枠現金化の注意点

ショッピング枠現金化の注意点

ショッピング枠を現金化したあと、返済については必ず確認しておき、不備のないようにしてください。
ローンでは一般的にこのような対応が必要ですが、本来なら現金にならないカードの枠を換金したときは、この注意点は特に大事です。
この利用をした状態で返済が行き詰まると、いろいろな問題が起きることがあるからです。

どんな問題が起こるかというと、たとえばカードの利用を停止されたり、強制解約となったり、その関係で返済を一括で要求されたりといった問題です。
借りたお金を返済できないとき、このような対応を受けることもよくあるのですが、ショッピング枠の現金化をしたとき、特にこのようなことがあるのは、そもそもこの方法があまり一般的な方法ではないため。

クレジットカードについているショッピング機能とは、利用者が直接現金を借りる機能ではありません。
それを現金化するのがこの方法となりますが、これはカード会社の規約で禁じられていることもあります。
これはそのような注意点もあることを了解の上で利用する、自己責任の方法です。
もし利用した場合は、滞納しないよう、確実に返済するのは前提です。

もし返済できない場合はカード会社とよく相談し、返済をどうやっていくか調整する機会も増えますが、このときにその利用が現金化のための利用だったことがどうしても発覚しやすくなります。
するとカードの利用規約に違反したとして、ただの滞納とはまた別のペナルティを課せられる恐れがあるのです。
それで起こるのが、カードの新規利用の停止や強制解約、それにともなう利用額の一括返済請求などです。
これらはカードの利用規約に違反したときに課せられやすいペナルティです。

ショッピング枠の現金化を利用した上で返済ができないと、規約で禁止されているその利用が発覚しやすくなり、普通の滞納以上に厳しい対応をされやすいことは、知っておきたい注意点です。
そのため、この方法を利用したときは、その返済方法や金額、返済日などはよく確認の上、いつも以上に滞納しないよう、注意して利用してください。