ショッピング枠現金化のリスクとは

HOME » 返済方法 » ショッピング枠現金化のリスクとは

ショッピング枠現金化のリスクとは

ショッピング枠を現金化するとき、知っておきたいリスクがあります。
それは返済ができなかったとき、普通ならできるはずの自己破産ができない可能性が高いこと。
返済について不安があるときは、このリスクをよく確認の上、利用の判断やその金額を決めることをおすすめします。

まず自己破産とは、本当なら返さないといけないその借金を、すべて帳消しにする措置のことです。
借金が膨らみすぎ、どうやっても返せなくなったとき、救済措置としてこのような方法が使えます。
カードローンやキャッシング、その他のローンなどを利用したあと、どうしても返済が難しくなったら、この自己破産により、借金を帳消しにもできるのです。

これをやると5年近くはローンを利用できないこともありますが、それ以上の返済をせずに一度借金を整理できますから、どうしても返済ができないときは、これを使うことをよくおすすめされます。
これがあるため、ショッピング枠を現金化したあとも安心と思うかもしれませんが、これは申請すれば誰でも通るわけではありません。
その審査があり、これに落ちると自己破産が認められないのです。

そしてショッピング枠の現金化は、自己破産が認められなくなる理由の1つになっています。
そのためこの方法を利用して借入した場合、返済できなくなると自己破産もできず、借金の整理が非常に難しくなるのです。
これは知っておきたいリスクですね。

なぜ現金化すると自己破産が認められないのでしょうか?
自己破産はどんな借金でも無条件で帳消しにする制度ではなく、その借入の規約の範囲で利用し、ギャンブルなど特定の目的以外のために借りた中で、返済が難しくなった場合に適用されることが多いのです。
ショッピング枠の現金化はややグレーゾーンとなる、裏技のような金策になります。
そもそもショッピング枠は現金にして使うものではありませんから、そもそも規約違反の利用だと判断され、自己破産が認められないことが多いのです。
このようなリスクがあるため、もしこの方法を使いたいなら、返済はできる限り失敗しないよう、他のローン以上に計画的に行ってください。