ショッピング枠を返済できないとどうなる

HOME » 返済方法 » ショッピング枠を返済できないとどうなる

ショッピング枠を返済できないとどうなる

現金化のために使ったクレジットカードのショッピング枠ですが、まもなく何らかの方法で返済が必要になります。
返済できないとき、どうなるのでしょうか?
このときはカード会社から督促を受けることになります。

現金化したお金は、元を辿ればカード会社が出したショッピング機能用のお金です。
貸主はカード会社となるため、もし返済が遅れた場合、カード会社から督促を受けます。
この督促の方法は、まずは書面での返済遅延のお知らせか、もしくは利用者への電話連絡になることが多いです。
単純に返済のことや、返済日のことを忘れている可能性もあるため、いきなり差し押さえを行われたり、自宅や職場への訪問が行われたりはしません。

ただし、いつまでも返済が行われなかったり、利用者と連絡が取れない状態が続いていたりすると、やがては自宅や職場への訪問のほか、返済を求めた訴訟が行われることもあります。
最終的には差し押さえが行われることもありますから、できるだけ早く返済は行い、カード会社からの督促の連絡にも応じることが大事です。

なお、最近はお金を貸す際、保証会社を通していることもありますよね。
カード会社が保証会社を通している場合、その利用分は保証会社が一度カード会社に建て替えて返済してくれます。
そのためカード会社への返済は必要なくなるのですが、これ以降どうなるかというと、保証会社から建て替えた分の返済を請求されます。
利用者にとっては返済先が変わるだけで、返済金額に変わりはありません。
保証会社が間に入っていたとしても、ショッピング枠の返済をしなくていいわけではありません。
この点はよく気を付けてください。

なお、クレジットカードのショッピング枠の利用分も、ローンの利用になります。
1回払いなどをする限りは利息などが発生しないため、ややわかりにくいですが、返済できない場合は、その遅れた期間に応じて遅延損害金がかかります。
これは返済が遅れたことへのペナルティになる特殊な利息です。
金利も普段より高いため、返済できない期間が長いほど不利です。
現金化のために使用したショッピング枠を返済できないとどうなるのかというと、このような数々の督促やペナルティがありますから、よく注意してください。