ショッピング枠を返済できないときは

HOME » 返済方法 » ショッピング枠を返済できないときは

ショッピング枠を返済できないときは

ショッピング枠を使うとカード会社から事実上お金を借りたことになり、その利用分はそのあと、返済することになります。
ここで不備なく完済できるのが理想ですが、返済できないこともありえますよね。
このときはどうしたらいいでしょうか?

まず知っておきたいのは、支払いを行うカード会社とよく相談すること。
相談したからと返済額を減らしてもらえるとは限りませんが、少なくとも利用者と連絡がつき、返済の意思もあることが伝わるのは非常に大きいのです。

これらローンを利用したあと、返済できないときにもっとも避けるべきことは、音信不通になること。
夜逃げなどしたわけではなく、返済できないということで、カード会社からの連絡をずっと無視していると、音信不通になったものとして扱われます。
こうなると、返済を諦めてもらえるわけではありません。
むしろ訴訟などの厳しい対応に切り替わることがほとんどです。

こうなると差し押さえも起きますし、信用情報として滞納の事実が明確に記され、以降はローン系のサービスを一切使えないことにもつながります。
返済できないからと、カード会社からの連絡を無視していると状況がより悪化しがちですから、連絡には必ず応じ、返済の意思があることをよく伝えてください。

音信不通にならず、返済の意思もあり、可能な限り返済を続けている限り、カード会社としてもなるべく相談には応じてくれます。
必要な返済総額は変わらないものの、直近の返済日に必要な金額を調整し、滞納はしていないという扱いにしてくれることもあります。
その限りは返済できないことによるペナルティもほとんどありませんから、この状態でなんとか返済を続け、少しずつ利用金額を清算していくのが現実的です。

その方向で対応するためにも、返済できないときは、カード会社とよく相談することが大事です。
そしてこれは早い方がいいです。
返済日をすでに過ぎた場合でも、そうでない場合でも、返済できないとわかった時点ですぐにカード会社へと連絡し、よく相談してください。
現金化したあとに困らないよう、これらは緊急時の対応として知っておくと安心です。