ショッピング枠の現金化の返済方法とは?

ショッピング枠の現金化の返済

クレジットカードのショッピング枠を現金化したとき、その利用分も通常のカード利用と同じく、借金という扱いになります。
このときに必要なのが返済ですね。

▼ 目次

どのように返済すればいいの?

換金したこのお金は、どのように返済すればいいのでしょうか?

これについて、普段からカードの利用に慣れている方なら、それほど気にしなくてOKです。
クレジットカードのショッピング枠現金化を利用したからといって、返済方法が特殊になるわけではありません。
結局その利用は、いつも通りのショッピング枠の利用分の1つとして処理されています。
特定のお店や買い物のために使ったショッピング機能の支払いが、それだけ特殊になるといったことはありませんよね。
この機能は一定期間ごとに、使った使用分の返済をやっていきます。
現金化のためにこの機能を使ったときも同じで、締日にその換金分の利用も含めて集計され、請求が行われますから、そこで返済を行います。

この返済方法は、最近では口座振替が一般的です。
カード会社から請求が来たあと、事前に登録している口座より、請求分の金額が引き落とされます。
利用者としては、引き落としが行われる日までに、そのとき必要な返済額以上のお金を口座に入れておくことが、具体的な返済手続きとなるでしょう。

これ以外の返済方法はあまり一般的ではありません。
たとえば期日までに自分で銀行などの窓口で払い込みを行ったり、ATMで返済額を入金したりといったことは、最近ではあまり行われません。
ただ、そのカードのショッピング枠での返済方法は、各カード会社で規定があります。
そのカードが金融機関での窓口やATMでの入金を指定しているなら、その通りにしないといけません。
また、口座振替だったとしても、使用できる金融機関に指定がある場合もあります。
そのカードの返済方法は、そのカードの規定に従うといいです。

なお、以前にもそのカードのショッピング枠を使ったことがある方は、そのとき行った返済方法を思い出してください。
その方法が、現金化したときの返済方法として、そのまま使えます。

現金化した利用分だけを請求されるわけではありません

ショッピング枠を換金したとき、その返済方法は以上のようになりますが、知っておきたいポイントは、現金化したその利用分だけを請求されるわけではないこと。
利用者としてはその利用で現金化したことを知っていますから、その利用分を強く意識することも多いと思います。
その返済はショッピング機能でのいつもの方法通りということで、一定期間後に請求が来るのですが、このときはその対象期間に使用した他の利用分もすべてまとめられますよね。
これは現金化したときも同じです。

たとえば50万円分の利用をし、それを現金にしていたとします。
このときは次の返済日に50万円分の請求が最低でもあることは確定ですが、それ以前に20万円分の利用をしていた場合、現金化のために使った50万円とあわせて、合計70万円の請求が来るわけです。
使用日の前後が入れ替わっても同じことです。
要はその対象期間に、現金化のための使用分以外にもカードを使っていた場合、それも全部合計して請求が来ます。
換金のために使った利用分に気を取られ、他の利用分のことを忘れていると、返済金額が不足しがちです。
具体的にいくらお金が必要なのか、それは事前に確認することをおすすめします。

ショッピング枠の返済方法は口座振替となる場合、特に請求書などは送られてきませんが、最近では指定のメールアドレスまで、返済日と返済金額をお知らせするサービスも増えています。
これを見ると、事前に返済金額がわかりますから、現金化のために使った利用分を含めて、合計いくらお金が必要なのか、よく確認してください。

この連絡がない場合、もしくは好きなタイミングでこれを確認したい場合、カード会社まで問い合わせるか、最近ではそのカード会社のHPにある会員専用ページにログインすることで、次の返済日に必要な合計金額を確認できます。
会員専用ページがある場合、何月何日にいくら使ったのか、その明細も一覧で表示されることが多く、現金化したその利用分のほかにどんな請求があるのか、それも確認できるため、おすすめです。
このようにして必要な返済額を確認できれば、あとは返済日までにそのお金を用意し、口座振替なら口座に入金しておくこと、直接の払い込みが必要なら、その日までに忘れずに払い込むことが、必要な手続きとなります。

一括払いか、ローンか、確認しましょう

なお、このようなローンへの返済では、利息が付き物ですよね。
現金化した利用分でこれはかかるのかというと、ケースバイケースです。
この方法だとかからないこともよくあります。
ショッピング枠の返済方法は一括払いが一般的ですが、このときは利息や手数料が取られません。
一括払いで利用分を清算するときは、利息や手数料などのことは気にせず、すべての利用分の合計額を返済できればOKです。

もしこれを分割で返す場合、所定の金利で計算した利息や手数料がかかることも多いです。
一括か分割かは、利用者が自分で決められることが多いですから、もし分割で返すときは、利息や手数料も含めて計算を行い、返済額を用意してください。
ショッピング枠を現金化したあとは、このような対応が必要です。